【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【NEW economy vs OLD economy】

 

Image result for IT フリー素材

【RPAの時代-バックオフィスの自動化-】

 

Image result for RPA フリー素材

【日本の本質的な匠とは】

 

Image result for 明治維新 フリー素材

 

 

【わび・さび-日常にある尊いもの-】

〇過行く日常の尊さ。

Image result for わびさび フリー素材

[https://twitter.com/otakake0506/status/971545730983763968:embed#

日常の中に尊さを見つけよう。日々が過ぎゆくのは早い。何もしなければ、何でもない日になるし、何も考えなければ、何の考えも生み出さない。しかし、これはこれで【1日】なのである。何もない。中にも実は何かがあり、それは尊いものなのだ。つまり我々はそんな日常も大切にするべきである。]

【幸せの青い鳥は身近にいる】

〇幸せの青い鳥を探すのに大切なこと。

 

f:id:kakeruohta0506:20180309103023p:plain

[https://twitter.com/otakake0506/status/971546748530257920:embed#

幸せの青い鳥は身近にいる。我々は欲望のあまり、次から次へと新しい刺激を求める。しかし、永遠とそれでは、自分の中に概念は見つけることが出来ない。もちろん、刺激は大切だ。しかし、時には身の周りを観察してみて、価値の再認識をしてみてはどうだろう。きっと青い鳥がいるのではないか。]

 

 

【日本の大企業病は深刻。。】

〇何を求めて働くのか。

 

f:id:kakeruohta0506:20180223081132p:plain

(出所:http://www.chokin365.com/article/413702084.html

 

 

我々は何のために働いているのだろう。
お金、名誉、権威、時間、勉強、成長、etc...

 

 

人によって「働く目的」は異なるだろう。

 

 

しかし、一方では全ての人の目的は
同じであるとも言える。

 

 

心理学者のマズローが分析した「欲求五段階説」によると、
我々は以下のような欲求を潜在的に持っている。

 

Image result for 五段階欲求

 

(出所:https://fc.dai.co.jp/glossary/335)

 

つまり、全ての人が自己実現を目指しており、
潜在的モチベーションは近しいのである。

 

 

今一度、自身の「働く目的」を振り返ってみてはいかがだろうか。
仕事は人生の3分の1。貴重な時間を充実させよう。

 

 

 

【お金より生きがい。】

〇本質的に人生に必要なのは「生きがい」である。

 

 

(引用:https://japantoday.com/category/features/lifestyle/'ikigai'-the-japanese-concept-of-finding-purpose-in-life

 

 


現代社会は過去と比較すれば極めて豊かだ。

 

 

 

かつての王様は車もInternetすら使えなかった。

それを我々はすでに手にしている。

 

 

 

しかし、人々の欲は満たされることはない。

現状に関係なく大量の物、つまりお金を求める。

 

 

 

 

いつになれば我々はお金の奴隷から解放されるのだろう。そもそもお金を中心に考えるマインドセットのアップデートが必要なのではないか。

 

 

 

 

例えばお金を中心ではなく、「生きがい」を中心にしてみたらどうだろう。

 

 

 

それだけで幸せ度は大幅に向上するのではないか。

もしも、お金が増えたとしても、大幅に幸せ度が向上することはないだろう。

 

 

本来の人生の目的は幸せに生きることだと思う。

人によって幸せとは違うが、お金でないことは確実だ。

 

 

 

「生きがい」を人生の軸にして、本質的な人生を生きよう。