【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【0→1コミュニティ】

〇Space 10

SPACE10 in 100BANCH | 100BANCH

 

2018年7/22(月) 渋谷100Banchにて「SPACE10」というIKEAが出資しているコペンハーゲンにあるコミュニティスぺースの創業メンバーの講演会に参加。

今回はコミュニケーションディレクターのサイモン・キャスパーセン氏ならびに、クリエイティブディレクターのカーベ・プール氏が初来日。

SPACE10とサーキュラーソサエティについてお話いただきます。

 

Space 10はもともと廃墟である建物をDIYによってリフォームした施設。

現在コペンハーゲンのみならずグローバルに展開している。

www.youtube.com

Space10にはアート、デザイン、テクノロジー業界から人材が集まり、「LAB」のようにリサーチプロジェクトを行っている。
そのためデザインとビジネスとテクノロジーの掛け合わせにより
多くのイノベーションを創出グループが生まれてくる。
 

多様な人材が楽しくユニークなコミュニティプレイスで活動ができれば

地域にとっても個人にとっても最高である。

 

世の中に必要とされるビジネスを創出するには「Logical Thinking」だけではなく

「Design Thinking」が必要である。

オフィスを無機質にして外部からの刺激を排除するのではなく、

あえて雑音を入れ、刺激を増やしクリエイティブなアイデアを生める環境でなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

【Be A Game Changer】

○Game Changerであれ

社会のルールとは何だろう。そもそも国家、会社、家族というものは契約上の関係はあるものの、本質的には虚構である。(家族の場合は血縁関係があるかもしれないが。。)その虚構の中に我々にはルールがあり、社会の常識、一般的な考え等を共通幻想として持っている。

ではそもそも、その共通幻想を構築した誰か。それはいつの時代もイノベーターである。かのスティーブ・ジョブズiPhoneを発明し、世界の人々の生活のルールを変えた。もう少し時代を遡れば、国家の概念を構築したのはフランス革命に貢献した人物たちであるし、明治期に近代化をする際に様々なルールを変えたのは武士、政治家などである。

つまり何が言いたいのかと申すと、ルールを作るのは同じ人間であるということだ。我々はGame Changer ではない限り他人の作ったルールの上で生きている。ましてや、日々の生活で他人が構築したルールの制限の中で生きているということを意識していない。

世の中はGameのルールを作ったものの指令、掟という制限の中でまわっているのだ。もし、今あなたが現状の人生に満足していないのであれば、ルールを変化させるには何をするべきか考えるべきだ。大抵の人は現状に満足、あるいは現実逃避をして不都合なルールであっても向き合うことはない。だからこそ、あなたにはルールを作ることの出来る可能性があるし、ノブレスオブリュージュのように義務であるとも言える。

人生を波に向き合い必死に生きていくだけではなく、波そのものを作り出すGeme Changer であれ

 

【NEW economy vs OLD economy】

 

Image result for IT フリー素材

【RPAの時代-バックオフィスの自動化-】

 

Image result for RPA フリー素材

【日本の本質的な匠とは】

 

Image result for 明治維新 フリー素材

 

 

【わび・さび-日常にある尊いもの-】

〇過行く日常の尊さ。

Image result for わびさび フリー素材

[https://twitter.com/otakake0506/status/971545730983763968:embed#

日常の中に尊さを見つけよう。日々が過ぎゆくのは早い。何もしなければ、何でもない日になるし、何も考えなければ、何の考えも生み出さない。しかし、これはこれで【1日】なのである。何もない。中にも実は何かがあり、それは尊いものなのだ。つまり我々はそんな日常も大切にするべきである。]

【幸せの青い鳥は身近にいる】

〇幸せの青い鳥を探すのに大切なこと。

 

f:id:kakeruohta0506:20180309103023p:plain

[https://twitter.com/otakake0506/status/971546748530257920:embed#

幸せの青い鳥は身近にいる。我々は欲望のあまり、次から次へと新しい刺激を求める。しかし、永遠とそれでは、自分の中に概念は見つけることが出来ない。もちろん、刺激は大切だ。しかし、時には身の周りを観察してみて、価値の再認識をしてみてはどうだろう。きっと青い鳥がいるのではないか。]