IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【消費か投資か】

 

 

 

 

https://cdn.pixabay.com/photo/2015/09/20/18/31/coins-948603_1280.jpg

 
 

 

お金には2つの使い方があると思っている。
 
 
そして、この2つを意識しているかで、お金の価値は変化させることが出来る。
そんな錬金術のような魔法があり得るのだろうか。
 

1、消費

消費とは現時点での効用を満たすためにお金を使用することである。
必要不可欠な出費と言うことも出来る。
(例:生活費、食費、住宅費、物質の購入、爆買いetc...)
 

2、投資

未来の自分のために掛ける費用のことである。
リターンを期待するものと言うことが出来る。
(例:教育費、交際費、移動費、旅行費、株式投資etc...)
 
2つはお金を使用するという表面的な部分では変わりはない。しかし、この2つの概念を意識してお金のフローとストックを支配することで、将来的に大きな差が生まれる。
 
企業活動において先行投資は必要不可欠であることは誰もが認知しているだろう。
先行投資がなければ、開発や設計、営業活動が出来ない。つまりは利益を生み出すことは不可能である。
 
上記のような流れは、家庭や個人というミクロな視点でも同じである。
基本的に人材は教育がなければ、信用や価値を上げることが出来ない。
この場合、教育=投資であり、リターンを期待して教育費を払っているのである。
そうでなければ、年間100万円以上のお金を何のために支出するのだろうか。
そもそもは教育によって、人材の価値を向上させ、そのリターンを目的としている。
 
 

Conclusion

消費と投資。
消費は一時的な効用である。
しかし、時には今、この瞬間に必要なもののために支出するときがある。
つまりは、消費は考え方次第では投資である
一方、投資はリターンを期待して支出するものである。将来的に予想される価値の創造を目的としている。
つまり、投資とは成長を期待するものであり、リターンが得られなければ失敗である。
 
結論としては、全ての支出活動を投資の方向に持っていくことが重要であるということ。
消費でも投資になり得るし、投資でもリターンがなければ消費になる。
投資によって、利益を生み出す。
あなたは、その反復活動をすることに、どれだけ意識を持っているだろうか。
 
 
Carpe diem !!!

 

インベスターZ(18)

インベスターZ(18)

 

 

 

インベスターZ(17) (モーニング KC)

インベスターZ(17) (モーニング KC)

 

 

 
 
参考サイト