IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

"AI and Motivation"

f:id:kakeruohta0506:20170626115306p:plain (出典:https://medium.com/@jrodthoughts/ai-will-be-hot-in-the-enterprise-but-where-is-the-money-today-98548048a9af

21世紀においてAIは人類史上最大の革命を起こす。 働き方、生き方、学び方、考え方など、 ありとあらゆる分野で変革が迫られる。

2045年はシンギュラリティ(技術的特異点)が来ると言われている。 例え、2045年には来なくとも 今世紀に来ることは間違えない。 (なぜなら①ムーアの法則の加速。②情報革命による社会変革の速度の高まり。から予想出来る。)

約10年前から、スマートフォンが普及し始めた。 今では、人間のコバンザメのように 私たちに纏わり付いている。 誰がこの変革を予測出来ただろうか。

いや、そんなことより社会がどれだけ 変わっているか。が重要である。

さて、そんな来たるAI社会では どんなスキル、マインドセットが必要か。

私は教育スタイルを大きく変える必要があると思っている。 その名も、「モチベーションファースト教育」

これからの先生の役割は、 ずばりEncourageすることである。

これからの時代、 知識を教えることはgoogle先生に任せる。 そして、先生は、 生徒がどれだけ内的動機を持ち、ググれるかを 大事にすれば良い。 つまりは、コーチング的教育が重要である。

その教育から生徒それぞれが、 モチベーション生産術を学ぶことが出来る。 そうすれば仕事が無くなっても、あるいは お金が無くなっても、何処かに目的を発見することが出来るであろう。

Conclusion

モチベーションを創造する。 これがAI社会で最も重要なスキルである。

誰もが明るく、楽しく、健康で人生を過ごせる社会がいい。 そのための教育は生徒をエンカレッジをして、 自立してモチベーションを生産出来るように サポートしてあげることが大事である。

哲学、旅、ボランティア、何でも良い。 個々人が自立して、目的を見つける。 文化、地位、既得権益、など気にせず、 自分のモチベーション次第で、人生を 切り開く。

それがAI社会。

Carpe diem !!!

参考リンク集

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwix3a3nwdrUAhVGybwKHR9ABDAQFggwMAE&url=http%3A%2F%2Fwpb.shueisha.co.jp%2F2017%2F05%2F25%2F85183%2F&usg=AFQjCNEOi2LOkrMjQZ51Ut8V6E3EpehsCA

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=3&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwix3a3nwdrUAhVGybwKHR9ABDAQFgg4MAI&url=http%3A%2F%2Fcareer-sketch.com%2Fdetail%2Fread087%2F&usg=AFQjCNFL4AgDyixChedJZp5riOFcltzb4g

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwix3a3nwdrUAhVGybwKHR9ABDAQFgg_MAM&url=https%3A%2F%2Fwww.projectdesign.jp%2F201704%2Fai-business-model%2F003506.php&usg=AFQjCNGYYeeOx6myDmtxxIOyPmzo67S5cA

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

魔法の世紀

魔法の世紀