IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

f:id:kakeruohta0506:20170627212259p:plain (出典:http://www.huffingtonpost.com/william-morrow/-five-lessons-retailers-c_b_11069206.html

人材のシェアリング。

その名も、シェアリングワーカー!!!

第4次産業革命

第4次産業革命において、人材の流動性は 向上させなければならない死活問題である。

特にAI, IoT, ロボットが新たな産業として 大きく成長するためIT技術者はどの企業にも 必要不可欠である。

残念ながら、日本ではプログラミング教育や STEM教育の対策は遅れている。 つまりは、人材の数ではなく質で勝負しなくてはならない。 (quality is better than quantity)

AI産業革命×労働法革命!

そこで、日本としては労働者の流動性を 官民全体、オールジャパンで変革しなくては ならない。

日本は少子高齢化に伴う、課題先進国である。 ピンチはチャンスである。 世界で最先端の危機的状況にあるからこそ、 変革もスムーズに行えるはず。

時代は、所有からシェアへ…

時代は、所有からシェアへと変わってきた。 家、宿舎、車、施設はすでにシェアリングされている。 次は人材のシェアリング=シェアリングワーカーが必要だ。

Conclusion

Uber, Air bnb, coworking placeが社会を 変えている。 第4次産業革命はシェアリングエコノミーで 発展させられる。 その変革はますます、ドラスティックに起こるだろう。 新たな技術のため、21世紀における働き方を見直す。 雇用者、労働者のどちらもWinWinの関係が 成立する仕組み。

それがシェアリングワーカー!!!

Carpe diem!!!

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミー