IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【都議選について考える。】

衆議院に影響を及ぼす都議会選挙】

2017年7月2日、都議会選挙の開票が行われた。 結果は都民ファーストの会が予想を、 大幅に上回る形で圧勝をした。

自民党は歴史的大敗となった。

また公明党共産党の躍進が目立った。

【なんで自民党は大敗したの?】

近頃、自民党の国会運営は 悲惨なものであった。

籠池フィーバー、加計学園共謀罪憲法改正、etc… 上記については、政府から明確な説明がないまま、終息されたように思う。

正直、自民党有権者を舐めすぎた。

また官僚達の失言(ほとんど撤回した)も それを後押しするかのような状況であった。

このような背景より、今回の都議選では政策の以前に、【議員の人間性】が選挙の争点になったと言える。

都民ファーストの会に何を求めてる?】

今後、都民ファーストの会は国政に大きく影響してくるだろう。

なぜなら、都議選の歴史をみてみると、 都議選の勝利政党が次の衆議院選挙でも 躍進することが明確だからである。

都議選は投票数(有権者数)が 他の都道府県よりも多いため、 都の住民は国民の声とさほど変わらない。

では、都民ファーストの会が国政をリードするようになると仮定してみる。 国民は都民ファーストの会に対して何を望むのか。また何を望めるのか

実際問題として、現在の与党、野党共に機能していない。 そのような状況で、都民ファーストの会が躍進してくれることは大いに歓迎することである。

しかし、もしも都民ファーストの会が与党になったとして、経済、外交、社会保障等で 具体的な政策を期待できるだろうか。

答えは現時点ではNoである。

個人的にも何も期待はしていない。

正直、都民ファーストの会のビジョンは何なのかよくわからない。 トランプ戦術を利用して、日本にポピュリズムの波を生んだだけではないか。 国民は都民ファーストの会に何を望んでいるのか?

都民ファーストの会の未来】

一方で、今後の進む方向によっては 大いに期待できる政党であると思う。

小池都知事の前の都議会はドンと呼ばれる絶対的な権力者がいて、既得権を守るだけに運営がされていた。

その既得権の城を壊し、新たな改革ムーブメントを都議会に生み出してくれたことは、 とても評価することが出来る

国会の中でも、既得権に対する忖度合戦を 変革することが出来れば、 日本の国政は国民により開けたものになると予想できる。

都民ファーストの会はまずビジョンを掲げ、 どのようなリーダーシップを発揮するのかを 国民に提示して、それを実行していくべきである。

東京都議選争点

東京都議選争点