IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【堀江さんのTシャツの話】

f:id:kakeruohta0506:20170713145225j:plain

www.huffingtonpost.jp

「視聴者は表面だけを見ている。」という事を証明するための
堀江さんが行った社会実験だったのだと思う。

そもそも「No war」と表面的なメッセージがあることは
言うまでもない。表面的にもヒトラーをアピールしてるわけではないことは明確だ。

 

そして、堀江さんが今回の放送で語っていた内容は、
【テクノロジーが発展した社会では自立的に行動が出来ないと、孤独で悲惨な人生になってしまうので、周りの人に協力してもらえるコミュニケーション能力が大事。その人たちを後押しするために自ら社会に良い影響を与えられるように行動していきたい。ということだった。】
果たして批判している人は堀江さんの話を聞いていただろうか。

 

個人的には視聴者として、社会をより良くしていきたいという
堀江さんの強いメッセージを感じた。

 

今回の批判は、
最近の政治の雰囲気を表しているものだと思う。
「Post truth」「Populism」等は表面的な事実でしか
判断できない有権者(社会)が生み出したものであり、
内容(マニフェスト)は判断材料にはなっていない。

 

まさに同質なものであると思う。

 

そして今回の堀江さんの社会実験で、政治だけではなく、
「人の判断も表面的なもので行っている。」という事実が
証明されてしまったのである。つまり、日常生活の中でも表面的な事実だけで評価している人が多くいるということである。

 

私は堀江さんがもう一度NHKに同じ姿で出演してほしいと思う。そして、次回は批判が無くなっていることを期待する。

 

その時にも批判が多ければ、
表面的な物の見方に変化はないということになるし、
批判が無くなければ、内容も判断材料に出来る視聴者が
増えたということになる。

 

後者のような社会になることを期待しているし、
その社会のために自らも行動していきたい。