IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【覇権企業社会=ネイチャー的フィクション】

f:id:kakeruohta0506:20170726133007j:image

 

【ポスト覇権国家社会】
今世紀内に、覇権国家のある世界は終わりをつげるだろう。そして、今世紀は覇権企業の世界になる。

近代では、覇権国家が世界をリードしていた。ポルトガル、スペイン、オランダ、フランス、イギリス、アメリカなどが代表的な覇権国家である。
現在は、アメリカが覇権国家として認知されているものの、機能はしていないのが現実である。

そこで覇権国家に変わり台頭するのが、覇権企業である。21世紀は覇権企業が世界を牛耳る。

【覇権企業】
覇権企業の台頭はどの企業になるか。
覇権企業になるには2つの条件が必要である。

①社員が国籍にダイバーシティーがあること。
②世界75億人の人々に必要とされる。かつ受け入れられるサービスを提供していること。

上記の2つは、必要条件である。なぜなら、近代の枠組みである国家の概念を無くし、より自然な枠組みであるからだ。

現在、最も有力な企業はGoogle、あるいはFacebookであろう。
両社とも米国の企業であるが、世界中から社員を集め、世界中でサービスを展開している。もはや、国を超えた地球企業である。

現在の私たちの生活は、Googleで目的地にたどり着き、Facebookでコミュニティを形成している。実際、どこかの国民であるというより、Google,Facebookのユーザーである。という方が納得しやすい。

つまり、近代的な国家という枠組みよりも、生活に密接なバーチャル国家の方が、帰属意識が強くなってきているのである。

近代は人間が作り出したフィクションである。そして、現在のバーチャル世界は人間が近代社会の中で作り出したよりネイチャーなフィクションである。時代は日々、変化するように人類の概念も日々変化していく。