【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【はたらく=あそぶ】


f:id:kakeruohta0506:20170801154105j:image

【遊びと仕事の合致】
『はたらく=あそぶ』は誰もが望む仕事観であると思う。ユーチューバー、ブロガー等がイメージしやすいだろう。
しかし、彼、彼女達の仕事は決して楽なわけではない。1つの動画、記事を作成するために、多大な時間をかける。また動画や記事の更新かつフォロワーに楽しんでもらうコンテンツ企画を継続的に行なっていかなくてはならない。労働時間的にはブラック企業と変わらない時間を仕事していることだってざらにある。
そのような現実があるにも関わらず何故、彼、彼女達は誰もが望む価値観を持ち、憧れの存在となるのだろうか。
それは好きなことを仕事にして、両者の境界線を無くしているからだろう。つまり、好きなことでマネタイズしているのだ。

【好きなことでマネタイズ】
現代はありとあらゆるツールが揃っている。
iPhone1つで、誰でもいつでもどこでも発信することが出来る。動画を撮る→編集→YouTube、写真を撮る→加工→インスタ、情報を得る→記事を書く→ブログetc..
上記のプラットホームを利用することで、自らの生活を発信続けることで、受容者にとって有益な情報を提供することが出来る。それの成果として、発信側も利益を得ることが出来る。まさにWinWinな構造が生まれる。
一方で、誰でも気軽に発信出来るようになったことにより、差別化されていて、充実した情報でなければ、際立たないだろう。好きなことマネタイズするためには、工夫する努力が必要なのである。
マネタイズすることが出来れば、『はたらく=あそぶ』となり、好きなことを仕事にすることが出来る。自分が真に好きなことを見つけよう。