IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【国への税金は会費である。】

 

【税金と国籍】
国籍は何故、与えられるのか。それはあなたが、国に税金を払っているからである。その税金を利用して国を管理している。つまり、私たちは所属する国の国籍を得るため税金という会費を払っているのである。これが、ある国の国民になれる所以だ。一方で、税金を納めることが出来れば、外国の国籍を得ることが出来るということである。
要は、国籍を得ることと、税金を納めることは同じ意味なのだ。

【国豊かさに差がある理由】
当たり前であるが、税金を沢山集められる国ほど豊かである。自国の経済、企業が健全でなければ、多くの税金は集められない。つまり、豊かな国は税金を沢山納められる人々が多くいるということだ。国家間に格差があることは国に集まるお金が異なるからである。

【税金は会費】
繰り返しになるが、税金とは国籍を得るための会費である。国籍を変えたければ、税金を納める先を変えるだけだ。それぞれの文脈で、どの国に納めることがより正しいかは異なる。税金を納めることで、あなたの国籍が保障される。この記事を読めば税金をそこまで悪いものではないと感じるのではないか。