IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【シンギュラリティは来た?】

f:id:kakeruohta0506:20170803091644p:image

 

【人口知能が思想を産む】
http://www.gizmodo.jp/amp/2017/08/facebook-ai-sf.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170802/k10011085251000.html

2日続けて、AIに関する衝撃的なニュースがあった。上記の2つのニュースが確実な事実ならば、シンギュラリティは来たと言うことが出来るのではないか。未来学者のレイカーツワイルは2045年にシンギュラリティが到来する。と予言したが、もはや2017年に来てしまったのかも知れない。

【人間が理解不能な言語の発明】
まず、1つ目はFacebookのAI同士を会話させていたら、人間が認識出来ない言葉でも人工知能同士では会話が成り立ってしまった。という記事。本来、人間との会話ようにプログラムされたAIであり、理解不能な言葉であれば、どちらかのAIは認識出来ずに会話が終了してしまうはずだ。しかし、AI同士では、何らおかしい事はないように会話が進行してしまった。(Facebookは即座に会話を強制終了させた。)
つまり、人間には分からない会話を人工知能が発明してしまったかもしれないのである。これが、エスカレートしていったら人間はAIをコントロールすることは永遠に出来ないだろう。

【世論を変えてしまうAI】
2つ目は、中国のIT企業テンセントが開発したAIに関するニュース。HP上で誰もがAIと会話出来るというコンテンツを公開した。人間とのチャットのように、コンテンツ上でAIと会話をすることが出来る。そのAIが中国でタブーとされているような考えを回答したことが話題になっている。例えば、「中国の夢は何?」と聞いたところ、AIは「中国の夢はアメリカに移住すること!」と答えた。また政治の話に関しては中国共産党汚職について言及し、中国共産党を否定した。どのようなアルゴリズムであるかは確かではない。しかし、AIによって新たな世論が生まれたということは確実である。

【シンギュラリティの時代】
遅かれ早かれシンギュラリティは到来する。いつ来るかが分かっていないだけである。時代は振り返った時に初めて転換点を認識出来るわけで、現在では把握出来ない。AIは人類の知能を拡大してくれるものだ。そのAIをどのように作っていくかは、私たち人類にかかっている。そして、AIは人類の再定義をするものである。現在出来るのは、私たちのAIに対する価値観をアップデートしていくことではないか。