IoT系男子~Going concern for AI society~

平成#元高校野球児#経済学部#英語#留学#バックパッカー#ワイン#IoT#AI #ビジネス

【英語は世界共通言語であり続ける。キーボードの配列のように。】

f:id:kakeruohta0506:20170805123546j:image

【世界共通語=英語】
地球で最も多くの人に話されている言語は、英語ではない。予想は着くかと思うが、中国語が地球で最も使われている言語である。しかし、世界共通語=中国とはならない。英語が世界共通語なのだ。それは今後、今世紀では確実に変化することはないだろう。特にビジネス、アカデミックの分野で英語が世界共通語となっているのは明確な事であると思う。それには歴史的、社会的な要因がある。

【キーボードの配列は変わらない】
では何故、英語が世界共通語なのだろうか。一般的に考えれば、最も使われているのが中国語なら世界共通語は中国語になるべきと思うだろう。しかし、現在まで築き上げられてきた英語から中国語に移行するのは一筋縄ではいかないのが現実だ。それはキーボードにも言えることである。

キーボードは世界共通でアルファベット表記である。しかし、キーボードはAからZのアルファベット順の配列ではない。
実際、今のキーボード配列には慣れるまで何処に何があるのか配列を覚える必要であり、合理的ではない。では何故、キーボードの配列は変わらないのか。それは現在のキーボードが多くの人に普及してしまったというシンプルな理由である。その秘密はタイプライターにある。実はタイプライターはキーボードと同じアルファベット配列で使用されていた。つまり、タイプライターのスタイルがそのままキーボードに採用されたのである。
タイプライターを使用していた人は、キーボードの配列に順応しやすく、キーボードはそのまま世界に広まっていった。
ちなみにアルファベット順のキーボードを開発した企業はあったものの、逆にキーボードのスタイルに変化があると、操作がしにくいということでアルファベット順のキーボードは普及しなかった。そして、その名残が現在にも受け継がれているのだ。

【英語はこれからも世界共通語である。】
キーボードのように、先に普及してしまった方が浸透率が高くなる。英語は近代のうちに、世界共通語になったこともあり、学術論文やビジネスで英語がグローバルスタンダードとなっている。いくら中国語の人口が増加しても、英語→中国語に変化することは不可能であるとキーボードの例から予想出来る。
つまり、英語はこれからもグローバルスタンダードであり続けるため、世界で認められるためには英語で勝負していくしか道はない。