【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【人生100年!EQの重要性】

〇EQ is the most important skill for 100 years of life

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

 

リンダグラットン『ライフ シフト』によると、

我々の人生は100年送ることが出来、「100年時代の人生戦略」を

国家と個人、両方の文脈において考えていかなくてはならないという。

 

 

 

そんな社会において我々は何を学び直す必要があるのか。

学校の教室で先生が一方的に教える新たな知識であろうか。

あるいはクリエイティブな制作が出来るスキルか。

単に知識の蓄積とその引き出しだけでする仕事であれば、

将来はAI(人工知能)に代替されてしまう可能性は高い。

それでは、AIに代替されないような100年間通用する普遍的な

能力やスキルとは何であろうか。

 

 

そのカギとなるのが「EQ」である。

EQとは、心理学や経済学で「非認知能力」と呼ばれているもの。

心理学の世界では5つの因子(ビッグ・ファイブ)に分解できることがコンセンサスであるる。5つの因子(ビッグ・ファイブ)とは「開放性」(好奇心や審美眼)、「真面目さ」(目標と規律を持って粘り強くやり抜く資質)、「外向性」(社交性や積極性)、「協調性」(思いやりや優しさ)、「精神的安定性」(不安や衝動が少ない資質)の5つである。

 

 

中でも、「誠実さ」が職業人生に大きな影響を与えることがわかっている。

例えば、業績評価など仕事のパフォーマンスとビッグ・ファイブとの関係についてこれまで行われてきた多くの海外の研究をまとめて評価した、米テキサスA&M大学のマレイ・バリック教授らの研究によれば、仕事のパフォーマンスとの平均的な相関係数をみると、「誠実さ」は0.22に対し、「外向性」は0.13、「精神的安定性」は0.08、「協調性」は0.07、「開放性」は0.04となっている。

 

 

「誠実さ」と並んで職業人生に強い影響を与える性格スキルとしては、「精神的安定性」の側面の1つである「自力本願」(行動や評価を他人よりも自己に求める傾向)や「自尊心」が挙げられる。就業以前の自力本願や自尊心が強いほど、将来の賃金が高くなることがいくつかの研究で明らかになっている。米シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授らも、青年時の自力本願と自尊心を合わせた性格スキルが高いほど成人以降の賃金が高くなることを見いだしている。

 

 

 

 

〇まとめ

「EQ」は非認知能力であるが、職業選択において最も重要なファクターである。

今後、AI、IoTの技術が発展すればEQはより正確に数値化されることだろう。

EQを身に着けるには座学だけでは身につかない。

本・人・旅など様々なものに触れて、新しい環境の中で育まれていくものであると思う。

人生100年!と言われても、100年後の世界は予測できないし、具体的なプランを持つことは

不可能である。つまりはどのように日々、学習していくかが自身の100年人生を決定していくということである。一生かけて学び続け、EQを育むことがAIに負けず充実した人生を送ることが出来る秘訣だろう。