【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【企業はメンター制度を導入するべし】

〇メンター制度が組織を変える。

 

 

メンターが見つかれば人生は9割決まる!

メンターが見つかれば人生は9割決まる!

 
「社内メンター」が会社を変える―部下の本気とやる気を引き出し、売上げを伸ばす (DO BOOKS)

「社内メンター」が会社を変える―部下の本気とやる気を引き出し、売上げを伸ばす (DO BOOKS)

 

 

メンター(Mentor)とは、人材育成の指導方法のひとつ

 

 

先生とは異なるポジションだ。

 

 

なぜなら、メンターは知識伝達をすることが目的ではない。

生徒がどんな課題設定をし、どのように解決するかを促進することが目的だからだ。

 

 

 

メンターに対し、指導される側は、メンティ(Menteeと呼ばれる。

フランス語でプロテジェ(protégé

 

 

 

メンターからメンティには、指示や命令による指導はない。

それはティーチャーが行うこと。

 

 

 

メンター制度では両者の間で交わされる対話によって、メンティーが気づきを得て成長していくプロセスが重要視される。

 

 

 

そもそもメンターの始まり古代ギリシャホメロス叙事詩オデュッセイア』に登場するよき指導者メントール(Mentor)が由来といわれている。

 

 

 

メンター制度は学問が栄えた古代ギリシアでも取り入れられたのである。

 

 

 

メンターは、知識だけではなく観察力・傾聴力・客観性など多様な能力が求められる。

 

 

 

しかし、メンターはそれを押し付けるわけではない。メンティーが如何に成長できるかを考えて「問い」を気づかせることが重要だ。

 

 

日々の生活の中でセルフメンタリングをしてみるとメンタリングスキルは上達していくだろう。