【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【日本的お金マインドセット】

〇政府に作られたお金のマインドセット

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

 

 

日本では「お金を稼ぐ」ということはあまり美化されない。

生きていくうえで重要なはずのお金になぜ欲を出してはならないのか。

伝統的に構築されたマインドセットのせいかも知れない。

 

 

 

例えば「貯金」や「住宅の購入(ローン)」は美化される。

しかし、海外では同じ意見は持たれないだろう。

海外ではお金を投資対象に捧げて、「お金に働いてもらう方法」が美化される。

 

 

 

なぜ日本では貯金、住宅購入が美化されるのか。

それは明治維新、世界大戦の頃に「国策」として称賛されたからである。

 

 

貯金によって集まられたお金は、政府によって軍資金に使われていた。

 

 

また住宅ローンは中長期的にリターンが返ってくるものであり、

巨額な投資の担保として運用されていた。

 

 

 

 

以上が日本で作られたお金に対するマインドセットである。

背景を考えればなぜ海外では異なる価値観を持っているかが明確にわかるはずだ。

 

 

 

お金は我々の選択肢を増やしてくれる。

幸せはお金で買うことはできないが、ある程度の幸せはお金がないとつかめない。

 

 

現実を見て、マインドセットを再構築し、人生を謳歌しよう。