【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【行動経済学:リンダ問題】

 

 

 

 

〇我々は「バイアス」によって判断を間違える。

 

 

 

行動意思決定論―バイアスの罠

行動意思決定論―バイアスの罠

  • 作者: マックス・H.ベイザーマン,ドン・A.ムーア,Max H. Bazerman,Don A. Moore,長瀬勝彦
  • 出版社/メーカー: 白桃書房
  • 発売日: 2011/07/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 12回
  • この商品を含むブログを見る
 
心の中のブラインド・スポット: 善良な人々に潜む非意識のバイアス

心の中のブラインド・スポット: 善良な人々に潜む非意識のバイアス

  • 作者: M.R.バナージ,A.G.グリーンワルド,Mahzarin R. Banaji,Anthony G. Greenwald,北村英哉,小林知博
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

 

 

 

 

「バイアス」という言葉を知っているだろうか。

バイアスとは・・・   

(参照:d.hatena.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

行動経済学で「バイアス」の有名な研究がある。

それが「リンダ問題」である。

 

 

 

 

 

”リンダという31歳の独身女性がいます。

彼女は頭が良く、はっきりとものを言うタイプで、大学では哲学を専攻していました。学生時代は差別問題や社会主義の問題に強い関心を持ち、反核デモにも参加したことがあります。”

 

 

 

 

さて、リンダに当てはまる可能性が高いのは、次のどちらでしょうか?

 

 

 

 

A:銀行の現金出納係

B:銀行の現金出納係であり、女性解放運動を行なっている

この問題では、多くの人がBを選ぶ傾向にありました。

 

 

 

 

皆さんはどちらを選択しましたか?

よく分析してみるとおかしなことに気づくと思います。

BはAの条件を含んで、さらに条件が増えています。

B>Aとなることはあり得ないのである。

 

 

 

 

 

 

このように、経済学の前提条件「ホモ・エコノミクス」ではしないような選択をしてしまうのが、感情のある人間の非合理的な部分です。