【IoT系男子】~アイオティ君のLifetime Experience~

【アイオティ君のLifetime Experienceって何?】アイオティ(IoT)君/ITコンサルタント・ IoTブロガー・バックパッカー・読書家 はじめまして!アイオティです! 僕は大学時代にはじめて勉強に目覚めました特にテクノロジーの発展と生涯学習(リカレント教育)の重要性に気が付いたことがキッカケ。 大学1年次のインターンシップでハーバード大学の学生に出会う。 →彼らの人間力に圧倒され留学を決意。。。 大学卒業後は、IT企業に入社。グローバル×ITでラディカルな社会に挑む。 自分が興

【行動経済学:メンタルアカウンティング】

 

〇不合理な会計に関する意思決定方法

 

 

最新 行動ファイナンス入門 原書3版

最新 行動ファイナンス入門 原書3版

  • 作者: ジョン・R・ノフシンガー,John R. Nofsinger,大前恵一朗
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2009/09/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

 
経済は感情で動く : はじめての行動経済学

経済は感情で動く : はじめての行動経済学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはメンタルアカウンティングを意識してお金を扱っているだろうか。

お金を無駄にしたくない!誰もが思っていることだろう。

しかし、心の会計は案外、不合理なものである。

 

 

 

 

 

そもそもメンタルアカウンティングとは、

人はお金に関して時に不合理な判断をしてしまうという心理を表す概念のこと。

行動経済学で用いられる。(心の会計とも呼ばれる)

 

 

 

 

 

 

 

本来、必要ないのに購入してしまったり、実際の値段と程遠い買い物をしてしまった

経験は誰でもあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

メンタルアカウンティングはビジネスでも利用されている。

 

 

 

 

 

例えば100万円の車を見た後に、40万の車を提案されたらどう思うだろう。

直感的に「安い!」と感じてしまうのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

また自分の口座に1000万円入っている時の1万円の使い方と、10万円しか入ってない時の1万円の使い方はどうだろう。 同じ価値のはずなのにまったく感じ方が変わるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

このように様々なバイアスによって我々の感じ方は異なってくる。

メンタルアカウンティングを習得すれば、ビジネス、生活に役立つだろう。

 

 

 

 

 

 

メンタルアカウンティングを習得して、

賢い心の会計を出来るようになろう!